田中 友子(たなか ゆうこ)

  • 埼玉からご主人の転勤で下野市に。
  • 自宅でパン教室を開催
  • 手ごねパン教室「Smiling Bread」代表

Q&A

  • Q1.初めて下野市に来た時の印象は?

    私は、埼玉から引っ越してきたので、「宇都宮・小山」は知っていましたが下野市は知りませんでした。ですので、宇都宮・小山の通過点の街、特徴のない・・・何もない街というのが第一印象です。

  • Q2.移住前にどのようなことを調べましたか?

    JRの駅がどこにあるのかを調べました。また、私は実家が埼玉なので、高速のインターが近くにあるかということも調べました。その他にも、引越しのタイミングが、子どもが幼稚園に通っている時でしたので、小学校の規模も調べました。生徒の多い学校に通わせたかったので、子どもの多い街が良いと思い、下野市を選びました。

  • Q3.埼玉と下野市の違いはどんな点ですか?

    田舎だけど交通の便が良いところですね。特に、車の便が良くて、どこのスーパーに行っても、駐車場は広く、無料で駐車できる点は、埼玉よりも住みやすいと感じています。また、下野市ではたくさんの子どもたちが外で遊んでいます。住宅地の中に、多くの公園があるので、公園をはしごして、楽しそうに遊んでいる子どもたちを見ることができるのも良い点ですね。私の子どもたちも、3つの公園をいつも自転車ではしごしています(笑)

  • Q4.下野市に引っ越して、苦労したことはありますか?

    特に苦労はありませんでした。分からないことを周りの方に質問すると、みなさん親切に教えてくださいます。「1」聞くと、「3」は答えてくださるので、自分の中で選択肢が持て、本当に助かっています。下野市に越してくる方が多いからか、みなさん慣れていて、ほどよい距離感でお付き合いができる環境が嬉しいですね。私も馴染むのに時間はかからず、すぐに下野市民になることができました。

  • Q5.実際に住んでみて、下野市の印象はどう変わりましたか?

    宇都宮市と小山市に挟まれた「通過点の街」という印象でしたが、暮らしてみると思った以上に便利でした。コンパクトで多くの市町に隣接しているし、交通の便が良いので、東西南北、どの方面にも動きやすい街で、行動力の広がる街だと思います。すごい田舎というわけではなく、大きな街にもすぐにいけ「ほどよい田舎」という感じで、とても住みやすいと感じています。

下野SPOTナビ